ご依頼の流れ

様々な環境・対策・ご予算に併せた塗料、施工プランをご用意しております。
お客様にご納得いただける施工をご提供致します。プランナーにお悩み等をご相談いただき、お客様のお悩みに合わせたプランのカスタマイズもご提供いただけます。完全自社施工になりますので、施工に関係のない手数料が発生する事がないので低料金でのご提供いただけます。

01.お問い合わせ

まずはお気軽に当社・塗良屋へご連絡ください。
どういった塗装をなさりたいのか、ご予算はいかほどか、お客様のご希望をお伺いします。

02.打ち合わせ・お見積り

実際にお宅にお邪魔して施工箇所の状況や周辺の環境など現地確認させていただき、お話を伺います。
「こんなものがつくりたい」、「こういうことはできる?」
どんどんご希望をお聞かせください。

03.近隣住民様へのご挨拶

お客様の家の近隣住民のお宅へ施工日程・内容・注意事項・ご案内と粗品を持ってご挨拶に伺います。ご挨拶の粗品は塗良屋でご用意しております。

04.施工時の足場仮設

塗り替え工事の内容に適した仮設足場を設置します。
また、塗料ミスト等が散布しない様に仮設足場に養生ネットを取りつけます。その他にお客様の大事なお宅に傷がつかないよう、足場と地面の接地面などにゴムの保護材などを使用致します。

05.施工箇所及び外壁の高圧洗浄

塗装を行う前に必須の作業の洗浄。屋根・外壁等を高圧洗浄で丁寧に洗い、塗料の定着を良くする為には壁面の洗浄が不可欠です。
高い圧力で水を吹き付けて、表面の汚れ・ホコリを吹き飛ばします。

06.下地の補修

塗装施工前の高圧洗浄で綺麗になった外壁の痛んでいる箇所を丁寧に修復します。この下地の補修は仕上がりの良い塗装作業(塗替え工事)を行う上でとても重要な作業になります。主に外壁のひび割れ・シーリング等が上げられます。

07.目地のコーキング張替え

コーキングの張り替え作業は、サイディングボード(外壁材)やALC(軽量気泡コンクリート)パネルの外壁等の建物では必ず必要となるメンテナンスです。
コーキング部分とは、壁の目地やサッシ周りのゴムの様な柔らかい材質のものがコーキングです。テープで養生しプライマーという密着を高める接着剤のようなものを散布します。そして最後に新しいコーキングを打ちこんでいきます。

08.養生作業

塗装対象以外の部分に塗料が着いてしまわないように保護ビニールで覆う作業のことを養生と呼びます。塗装しない部分に丁寧にマスカー・ビニール等で養生します。この養生作業が塗り替え工事の仕上がり具合に大きく影響します。

09.塗装工程 – 下塗り

まずは一回目の塗装です。
シーラーを使用して、壁と塗料がピッタリとくっつくように基礎を造る作業です。

10.塗装工程 – 中塗り

そして二回目の塗装です。
塗料で外壁表面を塗っていきます。重ね塗りをすることで塗装面の強度が増します。

11.塗装工程 – 上塗り

最後に三回目の塗装になります。
ここで表面をきれいに仕上げて外観を良くしていきます。外壁塗装は三度塗が基本です。塗良屋は美しい仕上がりのために塗装仕様書・施工手順書に基づいた塗装工事を行います。

12.雨樋・鉄部・木部の下地調整・塗替え

雨樋・鉄部・木部の痛んでいる箇所を補修していきます。
特に鉄部の場合は、塗装前にサンドペーパーで錆を落とし表面を整える作業が必要になり、こちらも当然ながら三度塗りを行います。

13.養生・シートはがし

前の工程で行った養生作業で貼り付けたシートを取り除きます。
基本的には美しい仕上がりのために塗料が渇く前に素早く取り除きます。

14.足場解体・片付けと掃除

塗装工事が一通り完了しましたら、弊社で仕上がりを確認し、不具合な部分があった場合、手直しの作業を行います。その後、仮設の足場を解体し、お客様のお住まいの周りの片付け・清掃を行います。

15.アフターウォッシュ

最後に塗良屋ならではのサービスとして、塗装工事に最後までお付き合いいただいたお客様への感謝の気持ちを込めてお住まいの外床などを高圧洗浄機を使って、垢・黒ずみ等をしっかり落として汚れひとつない綺麗な状態にして塗装工程は終了となります。

16.お客様のチェック・引渡し

一通りの工事が完了しましたら、お客様に最後のチェックをしていただきます。施工前に打ち合わせで作成した資料と照らし併せて不備がないかご確認してお引き渡しいたします。

17.近隣住民様への作業終了のご挨拶

工事終了時にも、「工事終了案内」を持ってご近所様に挨拶して回ります。

18.アフターフォローもあります

塗良屋は施工が終わってもお客様との関係は終わりません。
例えば施工から1年が経過して汚れが出てきたという場合もアフターフォローとしてサービスさせていただいております。